不労所得を目指す喪女の日記

2次オタ、ジャニヲタ、声豚の3重苦を背負いながら生きている

ブログを始めるに至るまでの経緯

こんにちは。初めまして。

生まれも育ちも東京ド下町、女子校10年目の喪女(21)、るかきです。

 

本日の火曜サプライズ、地元ロケ、しかもゲストがオタク界隈(銀魂)で話題の小栗旬でテンション高いです。ちなみに当ロケ、撮影日はフィアンセ沖田総悟くん(黒歴史)の誕生日だったので更にテンションゴリゴリあがっています。

エゴサしないでください。

 

 

 

私は最近までアルバイトを3つ掛け持ちしていた。「3つも掛け持ちする時間がよくあるな?!」と突っ込まれそうだが、お金がないので仕方がない。

「金がない」

大学生の口癖ランキングNo.1とも言われているフレーズだ私もその辛い現実に直面している。

  

f:id:rukaki:20170718211133j:image

(そういうわけにもいかない…)

 

アルバイトがやりたくて仕方がない!ウズウズ!などという変人は滅多にいないだろう。低賃金・面倒くさい・社員うざいの三拍子、とにかくバイトなんかやりたくねえ!!!←圧倒的多数意見だ。

 

しかし世の大学生のほとんどがアルバイトをやっている。なぜか。

当たり前だが、私の場合はお金を稼ぐためだ。中には出会いを求めて♡アルバイトをする輩もいるが、まあそれはそれで楽しそうだしいいんじゃないですか?

…とりあえず私とは別次元に存在する人たちの話なので関係がない余談だがコミュ障の私は極力人と関わらないアルバイトばかりやってきた。

 

 

じゃあ質問です。その稼いだお金はいったい何に使い ま・す・か?

 

① 生活費

② 学費

③ 資格など自分に対する投資

④ 交際費

⑤ 趣味費

 

大学生の金の使い道はザッとこの5種類に分類できるだろう。

私は現在大学4年生だが、これまで大学の授業はほとんどさぼってきたので、3年と4か月もの大切な時間のうち、優に1000日は自宅の警備をしてきた

こんなにも真摯に家の安全を守っているのだから、親が生活費を出してくれているのは当たり前なのではないかという傲慢な気分になってきた。

また私たち学生は一時的ではあるものの、納税の義務から法的に逃れられる。成人しているにも関わらず国民の義務のひとつである納税を行わなくて良いなんて、なんとも美味しい話である。

こんな貴重な時間を無下にし、引きこもってゲームしかやってこなかったことに涙が止まらない。別に改心するつもりはないけど。

 

 

とりあえず・・・

Case.1 喪女オタニート るかき(21)

f:id:rukaki:20170718211317j:image

21歳にもなり家事は何一つやらないくせに、冷蔵庫に備蓄されている食料だけは人一倍消費するデブ。典型的な実家暮らしパラサイト。

アルバイトで稼いだお金の使い道は③・④・⑤だけだ。

 

 

③資格など自分に対する投資

「資格は持ってるに越したことないよね!」「ジャンル問わず知識があるに越したことはないよね!」ということで資格マニアではないものの、それなりに精力的に、バイアグラ100ml女』というあだ名で呼ばれてもおかしくないくらいには、様々な資格に挑戦している。

f:id:rukaki:20170719182558p:image

 

現在、アニョハセヨ!(訳:オッス!)、カムハサムニダ!(訳:ありがとナス!)、ハナ(1)トゥル(2)セェ(3)ネェ(4)タソ(5)の数字しかわからないものの、10月に実施される韓国語検定に申し込んでいる。

 

そもそもなぜ韓国語などというマイナーな言語を習得しようと思ったのかというと、半年程前、突然韓国アイドルにときめきを覚えるようになった。推しの彼と結婚するにあたって私たちを阻むものは言語の壁!!こんなことじゃオタク失格だわ!!韓国語を習得しなくては!!!!などというなんともオタクらしい理由であった

クソオタは意外に意識が高いのだ。

 

英検1級や、TOEIC900点台も学生のうちに取得しておきたい。

 

 

お金が掛かるなぁ。

 

 

 

④交際費

引きこもりがちなオタクにだって大親友と呼べるフレンズが4人いる。気兼ねなく接することができるフレンズだって10人はいる。勿論けものではなくれっきとした人間のフレンズだ。

 

f:id:rukaki:20170718212020j:image

「!?」

 

友人とは毎日でも遊びたいし、彼女たちの誕生日には心が込もったプレゼントを贈りたい。そして何より「金がない」を理由に友人からの誘いを断りたくないものだ。

 

 

それから私は旅行が大好きだ。

日本大好き、東京大好き、地元大好き、何より自室が世界で一番す・き♡

しかしこんなクソニートでも新しい景色を見て、新しい体験をすることはとても楽しいと感じる。時間がある学生のうちに、行ったことのない場所に沢山足を運んで、友人たちと沢山思い出を作りたい。

また、女の子(笑)なのでおしゃれなカフェやバー巡りも好きだ。

 

お金が掛かるなぁ。

 

 

 

⑥ 趣味費

クソオタの割に、在宅組なのでCDとゲームにしかお金を使わない。

オタクのくせにオタク事にお金を割かないことは私の一番の長所と言える。イケメンの皆さん、割と家庭的なオタクです。とても良い物件です。いかがですか?

コンサートや観劇には行くが、それだって月1程度だ。

それでは何に使うのか。

 

「…オタク喪女、他に金の使い道なんかなくね?」

 

とか思ったそこのお前!!!失礼極まりないぞ!!!謝れ!全国喪女連合組合の皆さんに平伏して謝れ!!!!!!!!!!

 

私はコスメ代が半端ではない。半端ではないと言ってもIKKO姉貴やGENKING姉貴の足元にも及ばないレベルだが、何せ私は化粧をしない。化粧をしないにも関わらずコスメ代がぱねえ。

「すっぴん美人が一番」が私のポリシーだ。

 

「ただの面倒臭がりだろ…」

「怠け者」「こいつ絶対ブスだ」などと思った奴

 

あったまきた…。

 

 

まあ実のところその通りなので何も言い返せない。髪を染めるときも絶対にグラデーションにするかメッシュをいれるだけだ。毛先にブリーチを3回施しても、生え際だけは必ず地毛のまま。プリンを染めに行くのが面倒くさいからだ。

何を隠そう、私は「面倒くさい」に支配され、生きている。

 

 

それからもう一つ、私には趣味がある。ネットショッピングだ。

そういえば昔『誰にでも裏がある』(「私には趣味がある」って発音似てないですか?)ってゲーム好きだったなぁ・・(どうでもいい)。

 

世界引きこもり選手権トップクラスの私ほどになると、食料品ですらネットで買ってしまう。先日のAmazon Primeセールの時なんて、高揚しすぎて開催期間の2日間で5万円以上浪費した(そのうち化粧品やらサプリやらで2万円超)。

 

 

お金が掛かるなぁ。

 

 

というわけで以上の3つが主に私のお金の使い道だ。

 

 

資格とりたい!友達と遊ぶのだいすき!旅行だいすき!(ネットでの)お買い物だいすき!

そんな私には莫大な金が必要なのだ。世の中金だなどと言う奴は腐っているという人がいるかもしれない。しかし実際世の中金だ。綺麗事なんか捨ててしまえ。金があり過ぎて困るなどということは絶対にない。

 

Q.今、貴女はタイプではない2人の男性からプロポーズを受けています。貴女ならどちらを選びますか?

①石油王のモブおじさん

②イケメン、しかし金はない

 

 

私なら、自分の嫁を犯していようが、嫁のNTRを楽しんでいようが圧倒的に①石油王モブおじさんを選ぶ。

 

 

かの有名な世界的アーティストABBAは素晴らしい歌を世に送り出している。

Money, money, money

Must be funny

In the rich man’s world

金、金、金

金持ちの世界は楽しいはず

 

 

That’s right!

 

私はインドア選手権大会で全国優勝を果たした実績を持つ(※妄想です)ほどのインドアだ。そして面倒くさがり。

アルバイトなど続くはずがないのだ。

  

私はアルバイトを辞めた。正直に言えばばっくれた。

 

 

 f:id:rukaki:20170718210827j:image

不労所得で生活したい…」

 

某満開カンパニーに所属する茅ヶ崎氏(23)がよく発している言葉だ。

…とりあえずお前はヒロインに選んであげたと思われるドレスを片手にヤリチンフェイスでクズ発言をするな(憤怒)。

 

私は彼に出会う114514年前からこの言葉を語っていた。

 

―これはまだ私が声豚沼ではなく声豚水たまりにはまっていた頃の話である。

Hey!Say!JUMP!がデビューシングル『Ultra Music Power』にて華々しいデビューを飾り、クラスの女子の間では山田涼介派と知念侑李派という2つの派閥が出来上がっていた。そんな中ひとり高木雄也推していた孤独な小学生の私に、ある試練が立ちはだかった。

国語の授業中、好きな四字熟語を急に聞かれたのだ。当時から全力でウケを狙っていく痛い女だったので、私は咄嗟に知ったばかりの不労所得という言葉を掲げた。

 

f:id:rukaki:20170718213324j:image

我ながら『みつどもえ』の丸井3姉妹並みに、いやそれ以上に恐ろしい小学生である。

 

 

「働きたくないな…」

 

「るかきちゃん面白いしユーチューバーになりなよ」

そう言い放ったのは絶賛就活中の友人ユリチャン。

 

小学生に人気な職業ランキングトップにランクインするユーチューバー。ユーチューバーを一度も見たことがないが、顔出しだけはやりたくない。

かつて俳優養成所に通っていたという黒歴史を持つが、顔出しの仕事が入った時に拒否したこともある(「なんのために通ってたんだ!」と未だに自分自身突っ込んでいる)。

確かにユリチャンが言う通り私はとっても面白いのでユーチューバーは合っている気がする。顔を出したくないなら仮面をつけて何かやろうか?!しかしそれだと地下アイドルの仮面女子になってしまう…(仮面女子ファンの方ごめんなさい)。

 

 f:id:rukaki:20170718205712j:image

仮面女子ミリしら

 

 

 

そこでふいにブロガーという職業が私の頭に降臨した。

 

f:id:rukaki:20170718210413j:image

 

私自身ブログを読むのは好きだし、気になるお店や旅先の情報などはブログから得ることが多い。様々な界隈のオタブロ(特にジャニーズ界隈)はわけがわからない程イカれていて面白いし(褒めている)、過去には暇な女子大生さんのブログ(http://himajo.blog.jp)にはまっていたこともある。

ブログなら将来自分自身見返しても面白そうだし。

 

しかしこれまでSNSがまともに続いた試しがない。10年程前から飽きもせずtwitterをやってはいるものの、常にフォロワーは0人、鍵アカウントだ。

しかし!しかし!

働きたくない!>>>>>>>>>>>>>SNS怠い!という気持ちなので、できるところまで頑張ってみる。

 

 f:id:rukaki:20170718210558j:image

ほんとそれ

 

ブログで収益を得たいと思います。この先の生活がかかっています。

 

 大地よ 海よ そして生きているすべての みんな……… このオラに ほんのちょっとずつだけ 金をわけてくれ…!!!